外でも会ってあげよう | 女性は誰でもセクキャバで稼ぎまくれるのでおすすめです
menu

外でも会ってあげよう

PCを見ている女性

できる女性はキャバクラでさらにお客さんに対してアピールをしています。
普通はお店の中でしかお客さんと接することはありませんが、実は外でお客さんとデートをしている人もいるのです。

ではどんなときにお客さんと外でデートをするべきなのか?
まずデートはお客さんの方から誘ってくるのが一般的ですが、一応こっちから誘うこともできるようになっています。
なおその際には業界用語として、アフターや同伴という言葉が使われます。
アフターは仕事が終わったあとのデートを指し、同伴は仕事前にデートをすることを指します。

またアフターや同伴については、どちらもあなたの意思でやるかやらないかを決めることができます。
つまりお客さんに誘われたとしても、自由に断ることができるわけです。

ただしどうしても手放したくないお客さんがいる場合は、絶対に相手してあげた方がいいでしょう。
アフターや同伴をしている間は1円もお金は入ってこないですが、これによってお客さんからの指名を維持しやすくなると思います。

そしてできることなら、アフターや同伴の最中は自分で自分のお金を払うようにした方がいいでしょう。
食事に行ったときも、カラオケに行ったときも、基本は自腹を切るのがおすすめです。
おごってもらって当たり前だというスタンスの人は男性にいい印象を与えないので、ここであえて自分のお金を使うことによっていい印象を与えやすくすることができます。
もちろんあくまでも任意なので強制はしませんが、意外な一面を見せることでもっとあなたに夢中になってもらえたりするでしょう。
お客さんを上手に虜にできれば、いずれトップキャバ嬢になることも夢ではありません。